電子契約書に捺印する

接続画面にて、契約書に自社の印影の捺印を行い、その後先方に契約書をメールで送信し、印影の捺印をしていただきます。
双方で契約書へ印影の捺印が完了すると、契約成立となります。電子契約書に捺印をする方法を説明します。

※クレデンシャルが発行され、有効になっていることを確認してから行なってください。
クレデンシャルの発行方法はこちらから

自分の印影の捺印を行う

  1. 契約を行いたい相手と、ミートインで接続します。
  2. 接続画面の「メニュー」より「電子契約」をクリックし電子契約パネルを開きます。
  3. ドラッグアンドドロップで契約書PDFを画面にアップロードします。
    契約パネルの中央に契約書のPDFデータを追加します。
  4. 契約パネルの「契約情報」、「契約者情報」フォームに契約に関する情報を入力します。
  5. 印影画像を契約書の捺印箇所にドラッグアンドドロップします。
  6. メール送信ボタンをクリックし、先方に契約書の内容を送信します。

相手に印影の捺印を行なってもらう

  1. メールの送信ボタンをクリックすると、相手に契約書捺印画面のURLが送信されます。
  2. 相手にURLをクリックしていただき、認証画面に接続していただきます。
  3. 認証画面では、契約書のサイン時に登録したメールアドレスを入力します。
  4. 契約書捺印画面が表示されます。「印影を作成」から印影の情報を入力し「作成する」をクリックします。
  5. 作成された印影を表示されている契約書の捺印箇所にドラッグして重ねます。
  6. 「承認する」をクリックします。
  7. 完了画面が表示されますので、ブラウザを閉じて終了してください。

契約情報に関して

契約書に関する情報を入力します。

文章名称

契約書の名称を入力します。契約済みの契約書を管理する時にわかりやすい名前をつけてください。

契約金額の有無

契約に関して、料金が発生するかどうかを選択してください。

契約金額

契約金額が発生する場合は、その金額を入力してください。

合意日

契約書に合意した日付を入力してください。双方の契約書の合意が異なる日付の場合は、日付の遅い方を記入してください。

発効日

契約に定められている内容が効力を持つ日を入力してください。

発効日

契約に定められている内容の効力が終了する日を入力してください。

契約自動更新の有無

契約期間が終了した場合に、そのまま契約を更新するかどうかを選択してください。

任意の管理番号

契約書に管理番号を付与することができます。

任意のコメント

契約書にコメントをつけることができます。

現在設定中の印影

現在設定されている印影を表示しています。ドラックすると契約書に捺印ができます。

契約者情報

契約を行う相手に関する情報を入力します。

氏名

契約を行う相手の氏名を入力します。

役職

契約を行う相手の役職を入力します。

法人名

契約を行う相手の法人名を入力します。

メールアドレス

契約を行う相手のメールアドレスを入力します。
このメールアドレスには、契約の承認依頼を送信しますので必ず受け取りが可能なアドレスを入力してください。

承認者にメッセージ

契約の承認を行う方へのメッセージを入力します。内容は承認依頼のメールに記載されます。