クレデンシャルを発行する

クレデンシャルとは、主にセキュリティの分野で用いられる語で、IDやパスワードをはじめとする、ユーザーの認証に用いられる情報の総称です。
「電子証明書」の発行を行うにあたり、契約書発行者の所有する情報端末(パソコンなど)とクレデンシャル(IDとパスワード)を紐づけ「電子証明書」に情報を格納することで、「電子署名」が本人により作成されたことを証明することができます。
ここでは、まずクレデンシャルの発行を行います。

クレデンシャルを発行する

  1. 「電子契約設定」より「クレデンシャル発行」画面に遷移します。
  2. クレデンシャル発行状況が「無効」になっていることを確認し、「発行する」をクリックします。
  3. クレデンシャル発行状況が「有効」になり、発行が完了します。
クレデンシャルの有効期限

クレデンシャルの有効期限は発行から12時間後になります。それ以降は再度クレデンシャルを発行していただく必要があります。